KURODEKO | クロデコ
KD logo transparent back.png

 

 

PRESS RELEASE

デビューシングル「A Ghost in Town」のリリースとミュージックビデオの公開を記念したプレミアイベントを、スーパデラックスで8月11日に開催します。

CLICK TO BUY TICKETS

 
 
 
Foating2.jpg

PRESS RELEASE

Kuro Deko

Kuro Deko present their debut single " A Ghost In Town" and music video premier at SuperDeluxe, Tokyo on August 11th 19:30 ~ 23:00.

Directed by Artem Skiy and Luke Huxham (Porche, Red Bull, BMW) - http://www.lukehuxham.com/  the debut video tells the story of two ill-fated misfits, burning too bright and living close to the edge. After a tragic accident separates them, it’s a bitter sweet reunion when there is a visit from “A Ghost in Town”.  

 

クロデコ(Kuro Deko)のデビューシングル「A Ghost in Town」のリリースと、ミュージックビデオのプレミアを8月11日(19時30分〜23時)、スーパデラックスで開催します。

ビデオのディレクターを務めたのは、Artem SkiyとLuke Huxham (Porche, Red Bull, BMW) の2人- http://www.lukehuxham.com/ 。ミュージックビデオでは、悲劇的な運命によって別れた2人が「A Ghost in Town」を訪れ、ほろ苦い再会を果たすストーリーが描かれています

Listen to "A Ghost in Town"

The debut single was co-produced by Jay de la Cueva and Diego Solórzano. Mixed by the acclaimed musician Nick Zinner.

デビューシングルは、Jay de la Cuevaと Diego Solórzanoを共同プロデューサーに迎え、ミックスは著名なミュージシャンのNick Zinnerが担当しました。
 

 

Click on the image to listen

 

The Band

クロデコ(KuroDeko)は、異なるバックグラウンドをもつ、Jesus SalinasとElliot Cormack2人のミュージシャン。メキシコ出身のへススは、人生のほとんどを世界を旅して過ごしてきました。ベルリン、ロンドン、メキシコシティの音楽シーンに触れながら、音楽を書き、東京ではメンバーのエリオットと出会いました。エリオットは、イギリス ブライトンの音楽シーンから離れ、東京でインディーロックバンドを始動。ライブを観たへスースは、エリオットに、ファーストシングル「A Ghost in Town」で歌わないかと声をかけ、2人の活動はスタートしました。80年代のシンセとニューウェイブのサウンドを再び掘り下げたいと考えていたへスースは、ビンテージ・シンセサイザーを使い、そこにエリオットの歌詞やメロディーを重ねた、フルアルバムを完成させました。アルバムの最後に収録されている曲は、へスースとエリオットの関係や時間、彼らが愛する場所についての会話から生まれたものです。

Kuro Deko is Jesus Salinas and Elliot Cormack. Two musicians from very different backgrounds. Jesus, originally form Mexico had spent his life traveling the world, living in different countries and writing music while following the scenes of Berlin, London, Mexico City and eventually Tokyo where he met Elliot.  Elliot had left the music scene of Brighton, England and moved to Tokyo to start an indie rock band. After catching a live show Jesus asked Elliot if he’d like to sing on the first single, A Ghost in Town. Jesus’s desire to re-explore the sounds of 80’s synth and new wave music led to them to writing another full album together with Jesus exploring the sounds of vintage synthesizers and Elliot writing lyrics and melody. The final songs are a product of many long conversations about relationships, moments in time and places they’ve lived and loved.

jesuselliotweb.jpg
jesusbassweb.jpg
 
 
In the haunts we know, where we used to go, to feel alive
videoweb.jpg
 

Artworks in collaboration with Andres Reisinger.

 
kdfrontweb.jpg
 
 
XKD_AGIT_Cover_Back_.jpg
 
 
 
 
 
 
KD_AGIT_Centroxweb_.jpg
 
 
 
jacketblkweb.jpg